実践向きのHTML

実践向きのHTMLの書き方は、WEBページを作成する上で、実は凄く基本的な事なのです。しかし、ちょっとしたコツはあるかも知れません。

ここでは、私が経験上SEOを実行した際に、最も効果があったと思われる方法をご紹介しますが、検索エンジンアルゴリズムも日々進化し、改良が繰り返されています。何をしたらランクが上がるという明確な規定が無く、検索サイトによっても基準がことなるため、一概に『こうするべき』と言い切れるテクニックはありません。

無理なテクニックや不正行為で一時的にランクアップしたとしても、直ぐに効果は無くなってしまうでしょう。

SEOを意識したHTML

SEOを意識したHTMLのサンプルをご紹介します。

ヘッダ情報の解説
HTTPヘッダ情報の入力

タイトルの解説
<title>タイトルを極める

見出しの解説
<hx>見出しを極める

テーブルの解説
<table>テーブルは使っていいの?

リンクの解説
リンクを上手く設置しよう

サイトマップの解説
サイトマップを作ろう

まとめ

SEOに適したページ作りとは、正しい文章構造で、程よい情報量と程よいキーワードを1ページ内に収め、価値のあるページを作る事です。

実践におけるCSSの存在意義≫

戻る

WEB SEARCH
MENU
CONTENTS
digilog.TOP
digilog.HTML
digilog.CSS
digilog.SEO
digilog.img