SEOの基本を理解して検索結果で上位に表示させる

SEOの基本は、テキストマッチ被リンク数を考える事です。まずは検索エンジンにとって最適となるようにHTMLを正しく記述していく必要があります。SEOを考える段階まできている方の場合、HTMLは理解出来ていると思います。ですが、不特定多数の利用者が様々なブラウザでサイトに訪れる事から、デザイン上どうしても妥協している部分や、どうすれば効果的なのか分からない場合があると思います。

SEOを考えてサイトを作る場合、HTMLは文章構造を示すためのものであり、デザインはCSSで行う事が必要とされます。その他JavaScriptや、画像加工ソフト、FLASHなども、必要に応じて覚える必要があります。SEO効果を簡単に図で表すと、下記のようになります。

SEO効果のグラフ

SEOを考えたページ作り

SEOを考えたページ作りとして、HTMLの正しい記述の他に、ソースを記述する順番も重要だとされています。その理由は、検索ロボットが巡回する際に、ソースの上から順番に読んでいくため、ソースの始めの方に記述されているテキストを重要視するからなのです。逆に言えば、ソ−スの最後の方に書かれている情報は、それほど重要ではないと認識されてしまいます。

そのため、サイドメニューや、広告枠、画像だけの領域などをブロック分けして、ソ−スの最後の方に記述し、CSSのテクニックを使ってデザインや配置は後から行う事、最も見せたい情報をソースの上の方へ記述する事が推奨されます。こうする事で、余計な不純物をロボットに読ませる前に、重要なキーワードを早い段階で主張する事が出来るのです。

まとめ

検索エンジンに自分のサイトがどのような情報を持っているのかを正しく伝えましょう。

正しい文章構造を記述する事が大事です≫

戻る

WEB SEARCH
MENU
CONTENTS
digilog.TOP
digilog.HTML
digilog.CSS
digilog.SEO
digilog.img