SEOとは

SEO (Search Engine Optimization)とは、特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにWEBページを書き換えること。正しい文章構造でキーワードとなる文字列を適切に埋め込みテキストマッチ効果を高め、それらのページをリンクでつなぎ相対的効果を上げる技術。
『検索エンジン最適化』『サーチエンジン最適化』とも言われる。


SEOという言葉はサイト製作者や運営者にとってはよく耳にする言葉となりましたが、実際には何をどうすればいいのでしょうか?

基本的な流れは、検索サイトの考え方を理解し、かつ自分(自社)の運営するサイトのテーマを明確にする事です。そして、自サイトが持つ情報やコンテンツとマッチしたキーワードで検索された時に、検索結果上位に表示されるように、文章構造や文字列の格付けなどを工夫しなければなりません。その上で、他サイトから自サイトへのリンクを増やし、検索でのランクアップを目指します。

SEOの目的

SEOの目的は、検索エンジンからの訪問者を増やす事です。かといって「アクセスを増やす為なら当り構わずに何でもやる」となるとスパム行為と判断されてしまいます。どのキーワードで検索された時に上位表示されたいのかを明確にする事。そして裏技的なものや過剰なテクニックに頼らない事です。不本意な形で検索結果に現れてしまえば、ユーザーとコンテンツのマッチングは成立せずに、満足した成果には繋がらないからです。

検索結果の上位にランクインする事だけがSEOの最終的な目的ではないでしょう。

SEOの前に

SEOを実際に行う前に、アクセスアップを目指すためには、これだけは間違いなく必要だと思われる項目をまとめてご紹介します。

自サイトで扱うテーマの需要を常に分析し続ける
時代や流行で、需要のあるキーワードは日々進化し続けます。自分のサイトと照らし合わせて、違う角度から表現してみたり、足りない部分を補うためのページを作るなどの努力が必要です。アクセス解析を導入し、長い間自サイトに訪問するユーザーの動向を見守る必要があります。

サイトを新鮮な状態に保つために出来るだけ更新する
更新が定期的に繰り返されているサイトは、リピーターを生みやすく、ブックマークされる確立も高いので『一度見たら終わり』なサイトにならないように更新していく事が望ましいでしょう。

ユーザーに優しいサイト作りを心掛ける
デザインや色使い、メニューやサイトマップの配置など、ストレスなく見れるサイトはまた来たいと思うはずです。

独自のコンテンツ、サービスまたは情報を提供する
広告だらけのサイトや、何処からかコピーしてきて貼り付けただけのサイトでは、利用者が嫌がってしまいます。どこかのサイトの引用だとしても、言葉使いや雰囲気などを工夫して、その人にしか出せないキャラクターを作る事も大切です。

インターネットに興味を持ち続ける
インターネットの世界は移り変わりが非常に激しいです。昨日常識だった事が今日はもう古いなんて事もよくあります。自分もインターネットの世界を楽しんで利用すれば、良いアイデアやヒントが手に入るキッカケになるはずです。

分からない事は検索サイトを使って調べる
インターネットの世界は専門用語やマニアックなスラングなどで溢れ返っています。これから検索サイトを相手に研究するわけですから、徹底的に検索サイトを使わない手はありません。分からない事、調べたい事は検索サイトで探すクセをつけましょう。自分が入力したキーワードに対してどのような検索結果が出てくるのか、何件ヒットしたのかをチェックする事も大事ですよ!

面倒臭がらない
新しい事を覚えたり、地道な作業を継続したり、SEOをしっかりやろうと思うと、とても面倒な事ばかりです。この作業を自分のためだと思って、楽しんで出来る人は必ず良い結果に結びつくでしょう。もし製作や管理を委託している場合は、余計な経費が掛かっている場合があります。WEBサイトを持つ以上、最低限の知識は自分で身に付けましょう。

まとめ

ヤル気と努力さえあればSEOは誰にでも実行出来ます!
良い結果が出るまで頑張って下さい!

SEOの基本を理解しましょう≫

戻る

WEB SEARCH
MENU
CONTENTS
digilog.TOP
digilog.HTML
digilog.CSS
digilog.SEO
digilog.img