検索エンジンの特徴を理解しよう

検索エンジンの基本的な仕組みと考え方をここで見てみましょう!
普段何気なく行っている【検索】という作業。人それぞれお気に入りの検索サイトがあると思いますが、大きく分けて2種類に分類する事が出来ます。

@全文検索型
今では当たり前になったキーワード検索では、ユーザーが調べたい単語や名前を検索窓に入力し、送信(リクエスト)すると、検索サイトのデータベースの中から、入力されたテキストにマッチする情報のありかを順位をつけて返してくれます。キーワード検索としてはGoogleがあまりにも有名で、その検索エンジンアルゴリズムは多くのポータルサイトに導入されています。SEOは、この全文検索型を対象に行われるものです。

Aディレクトリ型
Yahoo!を代表に、カテゴリー別にサイトが登録してあり、ユーザーに分かりやすいように管理されています。サイト登録には人間の審査が加わるため、一定以上の基準を満たしたWEBサイトしか登録出来ません。そのため、情報の信頼性の面で優れています。

しかし、最近では、全文検索型もディレクトリ型も、お互いの良い部分を取り入れて、よりユーザーが目的の情報に素早く辿り着けるように改良されています。そのため、利用者の視点からすれば「どの検索サイトが良いか」というのは好みの問題で、あまり意識せずに使える環境になっています。

検索エンジンの考え方

上記のように検索技術が向上し、私達の生活の中にも普通に溶け込んできました。テレビCMや電車の広告などでも「○○で検索!」というキャッチフレーズが流行りました。何も意識していなくても「パソコンで検索してみよう」という考えが働きます。私達利用者は『気になったら検索』という行動が当たり前になってきています。

検索サイトは、世界に存在するあらゆる情報を整理し、検索されたキーワードに対してユーザーにとって最も適切で有益な情報のありかを示す事が基本理念です。

技術が進み、より自由度が高く、より的確に検索出来るように改良が加えられてきました。それを使うのは他でもない我々人間であり、ユーザーあっての検索エンジンなのです。
つまり、サイト製作者側は、ユーザーを無視したSEOは結果的に成果に繋がらないという事を忘れてはならないのです。

検索エンジン最適化の準備

SEOを実際に始める前に、もう一度整理してみましょう。あなたのサイトの持つ情報がどんなものなのかを見直してみて下さい。

どのような人にサイトを見て欲しいのか
自分のサイトを訪れた人に最も伝えたい事は何か
サイトを訪れた後にどうして欲しいのか

この3つの項目を明確に設定しましょう。SEOで成果を出すには、出来るだけテーマとターゲットを絞る事が重要になってきます。

「全文検索型」と呼ばれる検索サイトの説明です≫

戻る

WEB SEARCH
MENU
CONTENTS
digilog.TOP
digilog.HTML
digilog.CSS
digilog.SEO
digilog.img