<marquee> 【文字列をスクロールさせる(流れる文字)】

[IE5] [IE6] [IE7] [Fx1] [Fx2] [Op8] [Op9] [Ns7]

<marquee>タグは、文字列をスクロールさせて、流れる文字として表示したい場合に使用します。主に携帯用のサイトに多く見られますが、PC用サイトではあまり使わないでしょう。

<marquee>はInternet Explorerが独自に追加したタグです。Netscape Navigatorには対応していないバージョンがあるので、全てのブラウザで実現するにはJava Script等を使わなければなりません。もちろんJava Scriptをオフにされてしまうと元も子もないので、使わない方が無難かもしれません。

与えられる属性

width="スクロール範囲の幅"
幅をpxや%で指定します。

height="スクロール範囲の高さ"
高さをpxや%で指定します。

hspace="左右の余白"
pxで指定します。

vspace="上下の余白"
pxで指定します。

behavior="スクロールの種類"
behavior="scroll" 画面を横切る動作を繰り返す(初期値)
behavior="alternate" 画面を往復する動作を繰り返す
behavior="slide" 画面の端まで行ったら停止する

direction="方向"
leftまたはrightでスクロール方向を指定。

loop="ループ回数"
指定した回数で停止する。

scrolldelay="85が初期値"
再描画までの時間の感覚。大きいほどい遅く、小さいほど早い。

scrollamount="85が初期値"
再描画までの時間の感覚。大きいほどい遅く、小さいほど早い。

scrollamount="進む距離"
再描画までに進む距離。値が大きいほど速く、小さいほど遅い。デフォルトはscrollamount="6")

bgcolor="#値"
背景色を指定します。

<marquee>の使用例

ソース

<marquee bgcolor="#000000"><font color="#ffffff">マーキーサンプル01</font></marquee>

<marquee behavior="alternate" width="200px">マーキーサンプル02</marquee>

<marquee scrollamount="1">マーキーサンプル03</marquee>

表示すると

マーキーサンプル01 マーキーサンプル02 マーキーサンプル03

文字の表現指定 関連項目

<br> 改行を行う 
<nobr> 自動改行をしない(NN独自) 
<wbr> <nobr>内での改行位置の指定(NN独自) 
<font> フォントの色や大きさを変える 
<basefont> 文字の基準となるサイズ、色、フォントの指定 
<b> 文字を太文字にする 
<i> 文字を斜体(イタリック)にする 
<big> 文字をひと周り大きく表示する 
<small> 文字をひと周り小さく表示する 
<u> 文字に下線(アンダーライン)を引く 
<strike> <s> 文字列に打ち消し線を引く 
<tt> 文字を等幅フォントで表示する 
<marquee> 文字列をスクロールさせる(流れる文字) 
<blink> 文字を点滅させる 
<sub> 下付き文字として表示する 
<sup> 上付き文字として表示する 
<rb> ルビをふる文字を指定する(IE独自) 
<rp> ルビを囲む記号を指定する(IE独自) 
<rt> ルビの内容を指定する(IE独自) 
<ruby> ルビの範囲を指定する(IE独自) 
<bdo> 文字の表記方向を指定する 

戻る

TOP

WEB SEARCH
MENU
CONTENTS
digilog.TOP
digilog.HTML
digilog.CSS
digilog.SEO
digilog.img