<h1>〜<h6> 【見出しを指定する】

[IE5] [IE6] [IE7] [Fx1] [Fx2] [Op8] [Op9] [Ns6] [Ns7]

<h>タグは、文字列に見出しという「格」を与えます。このタグでくくられた文字列は、重要な意味であると位置付けられると共に、太字で表示されます。

<h1>が最上位の大見出しになり、数字が大きくなるほど格が下がっていき、<h6>が最下位の小見出しになります。格の高さによって、文字の大きさも変化します。

与えられる属性

align="プロパティ"
left、center、rightの値で内容物の配置を指定出来ます。

style="プロパティ"
スタイルを指定します。

id="" class=""
idやclass付けが出来ます。

<h>の使用例

ソース

<h1>見出し【h1】</h1>
<h2>見出し【h2】</h2>
<h3>見出し【h3】</h3>
<h4>見出し【h4】</h4>
<h5>見出し【h5】</h5>
<h6>見出し【h6】</h6>

<h1 align="center">センタリング</h1>

<h1 align="right">右寄せ</h1>

表示すると

見出し【h1】
見出し【h2】
見出し【h3】
見出し【h4】
見出し【h5】
見出し【h6】

センタリング

右寄せ

※表示サンプルのためスタイルシートで記述しています。

見出し、段落、要素 関連項目

<h1>〜<h6> 見出しを指定する 
<p> 段落を指定する 
<div> ブロックレベル要素としての範囲を指定 
<span> インライン要素としての範囲を指定 
<hr> 区切り線(罫線)を引く 
<center> センタリングする 
<pre> ソースを整形済みテキストとして表示する 
<plaintext> ソースをテキストとしてそのまま表示する 
<xmp> ソースをそのまま表示する 
<listing> タグを解釈し、ソースをそのまま表示する 

戻る

TOP

WEB SEARCH
MENU
CONTENTS
digilog.TOP
digilog.HTML
digilog.CSS
digilog.SEO
digilog.img