<a> 【リンクを指定する】

[IE5] [IE6] [IE7] [Fx1] [Fx2] [Op8] [Op9] [Ns6] [Ns7]

<a>タグは、リンクとなる文字列と、リンク先の場所を指定する際に使用します。

与えられる属性

href="URL"
リンク先の場所を指定。

title="タイトル"
リンク先のタイトルを記述。

name="名前"
リンクに名前を付けて管理する事が可能です(現在はID推奨)。リンクの到達点として利用出来ます。

target="ターゲット"
"_top" 全てのフレームを取り払ってジャンプ
"_blank" 新規ウィンドウで開く
"_self" 同じウィンドウで開く
"_parent" 一番外のフレームは残す。
"_フレーム名" スレームから別のフレームへのリンク。

charset="文字コード"
リンク先の文字コード

hreflang="言語コード"
リンク先の言語コード

type="MIMEタイプ"
リンク先のMIMEタイプ

rel="リンク先との関係性"
この文書から見たリンク先との関係

rev="リンク先との関係性"
リンク先から見たこの文書との関係

accesskey="アクセスキー"
ショートカットする文字を割り振る

shape="形状"
リンク領域の形状

coords="領域の座標"
リンク領域の形状

tabindex="Tab移動の順番"
Tabキーでリンクをフォーカスする順番

id="" class=""
idやclass付けが出来ます。

<a>の使用例

ソース

新規ウィンドウで表示する場合

<a href="http://linkurl001.com" target="_blank">リンクさせる文字列や画像</a>

同一ページ内の場所を指定してジャンプしたい場合。
下記の場合<a id="header">(<a name="header">)の場所へジャンプする。

<a href="#header">headerの名前の付いた要素へジャンプ</a>

表示すると

リンクさせる文字列や画像

headerの名前の付いた要素へジャンプ

リンク 関連項目

<a> リンクを指定する 
<map> 一つの画像に対して複数のリンクを設定する 
<area> 領域を指定する 
<base> ページの基準となるURLを指定する 
<link> 関連するファイルをリンクする 

戻る

TOP

WEB SEARCH
MENU
CONTENTS
digilog.TOP
digilog.HTML
digilog.CSS
digilog.SEO
digilog.img