×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<applet> 【JAVAアプレットを埋め込む】

[IE5] [IE6] [IE7] [Fx1] [Fx2] [Op8] [Op9] [Ns6] [Ns7]

<applet>タグは、ページ内にJAVAアプレットを埋め込む際に使用します。状況により<object>タグと使い分ける事が出来ます。

<img>タグ<embed>タグ<bgsound>タグ<applet>タグの代わりに使う事も出来ます。

与えられる属性

alt="代用テキスト"
代用テキストを指定する際に使用します。

archive="代用テキスト"
アーカイブファイルをスペースで区切って指定します。

code="ファイル名"
ファイル名を指定します。

codebase="基準URL"
code属性で指定したファイルの基準となるURLを指定します。

datasrc="データソースのID"
データバインド機能を用いる際の、データソースのIDを指定します。

title="タイトル"
タイトルを指定する際に使用します。

align="表示位置を指定"
top, middle, bottom, left, right

width="幅" height="高さ"
数字を記述するとpx単位で指定出来ます。

hspace="横方向の余白"
アプレットの周りの横方向の余白をピクセル単位で指定する際に使用。

vspace="縦方向の余白"
アプレットの周りの縦方向の余白をピクセル単位で指定する際に使用。

style="" id="" class=""
スタイルシートを指定する際に使用します。

<applet>の使用例

ソース

表示すると

画像やオブジェクトの配置 関連項目

<img> 画像を表示する 
<object> FLASHやデータを埋め込む 
<embed> プラグインデータを埋め込む(NN独自) 
<noembed> プラグインが利用できない環境での表示内容を指定(NN独自) 
<applet> JAVAアプレットを埋め込む 
<param> パラメーターを指定する 
<bgsound> 効果音やバックミュージックを鳴らす(IE独自) 

戻る

TOP

WEB SEARCH
MENU
CONTENTS
digilog.TOP
digilog.HTML
digilog.CSS
digilog.SEO
digilog.img