×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<!DOCTYPE> 【ドキュメントタイプの宣言】

[IE5] [IE6] [IE7] [Fx1] [Fx2] [Op8] [Op9] [Ns6] [Ns7]

<!DOCTYPE>は、作成した文書が何の文法で書かれ、どのバージョンなのかを正確に宣言するために使用します。何処の国の出身で、方言は何を使うかを予め相手に伝えれば、受取る側は理解しやすいですよね。HTMLでも変わりません。

しかし、ある程度は勝手に解釈してくれますので、慣れないうちは書かなくても大丈夫です。正しい文章構造の書き方やスタイルシートに興味を持ってきた頃に覚えると良いしょう。

<!DOCTYPE>の使用例

Strict DTD

HTMLの仕様に正確にしたがって書かれた文章用の宣言です。最も厳密であり、非推奨属性やフレームは使う事ができません。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

Transitional DTD

こちらは比較的制限が緩和されたもので、非推奨要素や属性は使用できます。フレームを使用出来ません。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

Frameset DTD

こちらはフレームを使いたい場合に宣言します。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

文章情報、ヘッダー情報 関連項目

<!DOCTYPE> ドキュメントタイプの宣言 
<html> HTML文書の開始宣言 
<head> ヘッダー情報 
<meta> ドキュメントについてのメタ情報を追加 
<title> ページのタイトルを指定 
<body>ページ本体の表示領域 

戻る

TOP

WEB SEARCH
MENU
CONTENTS
digilog.TOP
digilog.HTML
digilog.CSS
digilog.SEO
digilog.img