z-index 【要素の重なり順を指定する】

[IE5] [IE6] [IE7] [Fx1] [Fx2] [Op6] [Op7] [Ns6] [Ns7]

z-indexプロパティは、要素の重なり順序を指定する際に使用します。通常ソースの後の方に記述した要素が、ユーザーから見て、より手前に表示されます。z-indexプロパティを指定した要素は、数字が小さいほど奥へ、大きいほど手前に表示されます。これをスタックレベル(stack level)と言います。
これは、divなどのブロックレベル要素でボックスを入れ子にした時に、positionプロパティでstatic以外の値が指定されている場合、それぞれの要素はレイヤー状(アニメのセル画のような状態)に重なっているため、親要素の幅や高さに関係なく、好きな所に配置出来ます。背景色や、背景画像を指定している場合に、思わぬ所で要素が隠れてしまったり、見た目に不都合が生じる場合もあります。z-indexプロパティは、それを回避するためのものです。

auto
親要素と同じ階層になります。これが初期値です。

数値で指定する
重なりの順序を整数で指定します。0を基準として、値が大きいものほど上になります。

z-indexの使用例

CSSファイル

.sample001 {
 z-index: 1;
 position: relative;
 width: 300px;
 height: 300px;
 background-color: #ffcccc;
 margin: 10px;
}
.sample002 {
 z-index: 2;
 position: absolute;
 top: 50px;
 left: 50px;
 width: 100px;
 height: 100px;
 background-color: #ccccff;
}
.sample003 {
 z-index: 3;
 position: absolute;
 top: 80px;
 left: 80px;
 width: 100px;
 height: 100px;
 background-color: #ccffcc;
}

HTMLソース

<div class="sample001">重なり順 1
<div class="sample002">重なり順 2</div>
<div class="sample003">重なり順 3</div>
</div>

表示すると

重なり順 1
重なり順 2
重なり順 3

表示・配置関連項目

overflow(x y) はみ出た内容の表示方法を指定する 
position 要素の配置方法を指定する 
top 上からの配置位置(距離)を指定する 
right 右からの配置位置(距離)を指定する 
bottom 下からの配置位置(距離)を指定する 
left 左からの配置位置(距離)を指定する 
display 要素の形式(ブロック・インライン)を指定する 
float 左寄せ、右寄せ配置の指定 
clear 回り込み(float)を解除する 
z-index 重なりの順序を指定する 
visibility ボックスの表示・非表示を指定する 
clip ボックスを切り抜き表示(クリッピング)する 
direction 文字表記の方向(左右)を指定する 
unicode-bidi Unicodeの文字表記の方向を上書きする 
writing-mode 文字表記の方向(縦横)を指定する(IE独自) 

戻る

TOP

WEB SEARCH
MENU
CONTENTS
digilog.TOP
digilog.HTML
digilog.CSS
digilog.SEO
digilog.img