CSS 全指定

CSSで、全ての要素に全指定するやり方です。ブラウザのデフォルト設定は、それぞれ若干異なっている場合があり、思わぬ所で不具合が生じる可能性があります。そのために全指定セレクタを使って、一度全ての要素のデフォルト値を統一して、必要に応じて各要素に改めて自分で指定していきましょう。

全指定用のセレクタ

全指定用のセレクタは『全称セレクタ』とも言われ、ワイルドカード的な役割を果たす便利な記号があります。その記号がこちらです。

*

このコメ印みたいな記号です。アスタリスクと呼ぶそうですが、このセレクタを使うと、同じ指定を全ての要素に一括で指定出来るのです。これでわざわざ要素ごとに同じ指定をしなくても済みますね!

要素全体に指定と言えば、『body』と『*』は何処が違うの?という質問を見かけますが、『body』の場合は、子要素に対して継承することになっている値しか反映されません。無条件で全ての要素に対して同じ指定をしたい場合には『*』を使わないとならないのです。

全称セレクタ記述例

ここで全称セレクタでブラウザのデフォルト値をリセットするために、よく使われるプロパティのサンプルを記述してみましょう。コピーして自分のサイトに最適になるように、色々試してみて下さい。

戻る

TOP

WEB SEARCH
MENU
CONTENTS
digilog.TOP
digilog.HTML
digilog.CSS
digilog.SEO
digilog.img