idとclass

CSSでは、要素にidclassを付けて名前を決める事が出来ます。これによって同じタグ名に違うスタイルを指定したり、ブロックで領域を作って管理する時に役立ちます。

idの特徴

idの特徴は、1ページに同じ名前が複数存在する事が許されていないため、唯一無二の存在になります。id名をリンク先に指定出来たり、JavaScriptでも使用出来ますので、特定の『何か』として扱う時に使用すると良いでしょう。また、idの方がclassよりも優先順位は上になります。
idは【#id名】と記述します。

CSS側の記述
#id名 {
color: #ff0000;
font-size: large;
}
BODY内の記述
<div id="id名">CSSで指定された表示</div>

classの特徴

classの特徴は、1ページに同じ名前を複数使用する事が出来るので、1つのドキュメント内で何度も同じスタイルを指定したい場合に使用します。その要素を1つの括りとして定義したい場合に適しています。classの方がidよりも優先順位が下になります。
classは【.class名】と記述します。

CSS側の記述
.class名 {
color: #ff0000;
font-size: large;
}
BODY内の記述
<div class="class名">CSSで指定された表示</div>

戻る

TOP

WEB SEARCH
MENU
CONTENTS
digilog.TOP
digilog.HTML
digilog.CSS
digilog.SEO
digilog.img